活性酸素を除去しよう|脳梗塞の原因にもなるので要注意

婦人

今、注目の成分です

白いサプリメント

食事やサプリで摂取します

サポニンという成分をご存知でしょうか。コレステロール低下や肥満予防、血流改善など、様々な健康効果があると言われている、今、注目の成分です。サポニンは苦味やえぐみなどの原因となっている成分で、植物の根や葉などに含まれている配糖体(糖と他の成分が結合した有機化合物)の一種です。大豆や高麗人参などに含まれており、マメ科の植物に特に多く含まれています。大豆に含まれているものを大豆サポニンと言い、中でも高野豆腐に多く含まれています。その他にも、油揚げや納豆、おからや豆乳など、日本人にとってなじみのある食材に含まれているので、普段の食事から摂取することができます。また、サプリメントも多く販売されているので、上手に利用することでより効率よく摂取することができます。

様々な健康効果があります

前述のように、サポニンには様々な健康効果があります。では、それらは具体的にどのようなものなのでしょうか。まず1つは、コレステロールの低下です。サポニンには血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があります。また、高麗人参などに含まれるサポニンには血流を改善させる効果もあります。よって、血栓ができにくくなり、動脈硬化などの予防につながります。次に、肥満予防です。サポニンには脂肪の吸収と蓄積を抑える効果があることがわかっています。また、動脈硬化症などの患者に大豆サポニンを与えると、コレステロール値や中性脂肪が改善されたという事例も報告されています。そして最後に、免疫力の向上です。サポニンを摂取することで、ウイルスなどから体を守ってくれるナチュラルキラー細胞が活性化されるので、病気になりにくい丈夫な体になります。

Copyright © 2016 活性酸素を除去しよう|脳梗塞の原因にもなるので要注意 All Rights Reserved.